ORIGINAL

  • 原作

    秦 建日子

    1968年1月8日生まれ、東京都出身。小説家・脚本家・演出家・映画監督。97年より専業の作家活動を開始。「天体観測」(02/CX)、「ドラゴン桜」(05/TBS)など人気ドラマで脚本を担当。04年、『推理小説』(河出文庫刊)で小説家デビュー。同作は「刑事雪平夏見」シリーズとして現在までに5作刊行、「アンフェア」シリーズとしてドラマ化、映画化され、いずれも大ヒットした。16年『And so this is Xmas』を刊行。19年、同作を『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』に改題し文庫化。その他、脚本を手掛けた近作に、連続ドラマ「カクホの女」(19/TX)。待機作に、監督・脚本をつとめた『ブルーヘブンを君に』(21)などがある。